関西経友会事業協同組合

受入までの流れ

実習生の申込から企業に配属されるまでの流れをご紹介します。

実習生受入準備から入国・配属まで

  1. 1実習生申込

    実習生申込

    受入企業の実習ニーズに基づいて現地送出機関で実習生を募集します。

  2. 2面接

    面接

    受入企業の面接担当者が現地で実習生の選考を実施します。各種テスト、面談、実技試験を経て内定後、雇用契約、家族面談を実施し合格となります。

  3. 3事前講習

    事前講習

    送出機関で日本語研修を中心に日本の生活習慣、企業規則、日本の風習など日本滞在中に必要な知識を学習します。

  4. 4入国

    入国

    組合職員が空港まで出迎えにいきます。

  5. 5集合講習

    集合講習

    入国後、京都の研修センターで再度日本語・習慣・関係法令を中心に学習します。

  6. 6企業へ配属

    企業へ配属

    配属約一年後、技能検定に合格し技能実習2号となります。技能実習1号では技能等の修得を、技能実習2号では技能等の習熟を行います。

企業に配属されるまでの必要日数
企業に配属されるまでの必要日数
実習生の受入は、お申込みから配属まで約7~9ヶ月必要です。
トップに戻る